第11話
新登場菌なし
 
第10話
新登場菌なし
 
A・レータス
【Alcaligenes latus】
5〜10本のベン毛を持つ。ある種の酵素や生分解性プラスティックを生産する。
F・バシンフェクタム
【Fusarium vasinfectum】
麦などのアカカビ病の仲間。
第8話
L・エドデス
【Lentinus edodes】
椎茸菌。学名のエドデスは「江戸」に由来するとか、しないとか・・・
T・マツタケ
【Tricholoma matsutake】
松茸菌。他の細菌に弱く、やせた土にしか生育しない。
第7話
メタン発酵菌
古細菌ドメインに分類され、絶対嫌気のクセに極限地域等、いろんなとこにいて有機物からメタンガスを作る。まだまだ内緒のパワーを持つ。
表皮菌
T・メンタグロフィテス
【Trichophyton mentagrophytes】
毛瘡白癬菌とも呼ばれる。早くいっちゃうと「ミズムシ」「タムシ」菌。水場などによくいます。
表皮菌
T・ルブラム
【Trichophyton rubrum】
体表感染菌(足白癬・爪白癬)。紅色白癬菌とも呼ばれる。簡単に言うとミズムシ菌、タムシ菌。
C・ジフテロイドデス
ワキガの原因菌。
P・アクネス
【Propionibacterium acnes】
表皮常在菌。にきびを作るプロピオニバクテリウム属の一種。表皮より毛根によく住んでる。
T・トンズランス
【Trichophyton tonsurans】
南米由来の白癬菌。感染力が強く、皮膚の小さな傷や産毛の毛穴からも侵入する。
水虫ってのは、頭とかでもできるんですよ。全身ご注意を。
M・フルフル
【Malassezia furfur】
癜風菌。フケの原因菌であるが、表皮常在菌の一員として皮膚に病原菌が付くのを防ぐ働きもする。
なんとキノコの仲間。
第6話
V・パラヘモリティカス
【Vibrio parahaemolyticus】
腸炎ビブリオ菌。一本の鞭毛と多くの小さな毛に覆われている。塩分を好み、浅い海や海底の泥で増殖。
生の海産物を介して食中毒をおこすことも。
V・コレレ
【Vibrio cholerae】
エルトーラ型コレラ菌。O抗原によって分類され、O1抗原を持つ菌がコレラ菌と呼ばれる。
感染すると下痢、嘔吐、脱水を起こす。
S・ディセンティエリ
【Shigella dysenteriae】
赤痢菌。毒性が強く、かもされると血便が出る。
P・シゲロイデスとはと間違い易いので顕微鏡はじっくり見てね。
P・シゲロイデス
【Plesiomonas shigelloides】
東南アジアに分布。食中毒や下痢が得意技。
S・ディセンティエリリとはと間違い易いので顕微鏡はじっくり見てね。
サルモネラ属菌
Salmonella
様々な病気を引き起こす。現在は9種14亜種に分類されている。
第5話
S・サケ
Saccharomyces sake
清酒酵母。日本酒かもしのエキスパート。
20%近くもの高濃度までアルコールを生成できて、低温下での発酵にも耐えられるのが特徴。
6号酵母
発酵力が強く、香りはやや低くまろやか、淡麗な酒質に最適。
性格はおだやかでほがらか。秋田の「新政」の酵母がもと。
7号酵母
華やかな香りで広く吟醸用及び普通醸造用に適す。ご先祖は長野・宮坂酒造「真澄」の酵母。
8号酵母
やや高温発酵。酸が多く、濃醇なお酒をつくる。
9号酵母
酒造に使われる。短期もろみで華やかな香りと吟醸香が高い。
10号酵母
酒造に使われる。低温長期もろみで酸が少なく吟醸香が高い。
11号酵母
7号酵母の変異株。もろみが長期になっても切れが良く、アミノ酸が少ない。性格はやんちゃ。
14号酵母
酒造に使われる。(金沢酵母)酸少なく低温中期型もろみの経過をとり特定名称清酒に適す。
601号酵母
基本は酵母菌と同じ。酒造に使われる。もろみで高泡をつくらない酵母。
901号酵母
基本は酵母菌と同じ。酒造に使われる。もろみで高泡をつくらない酵母。
1401号酵母
基本は酵母菌と同じ。酒造に使われる。もろみで高泡をつくらない酵母。
1501号酵母
泡なし酵母。純米吟醸生酒「紀ノ酒」の中にいる。性格は素直。
低温長期型もろみ経過をとり、酸が少なく、吟醸香の高い特定名称清酒に適す。
1601号酵母
吟醸香が高く、酸が少ない。鑑評会の大吟醸向き。
1701号酵母
基本は酵母菌と同じ。酒造に使われる。
赤色清酒酵母
酵母菌。酸が少ない10号酵母の派生。桃色のにごり酒などで活躍中。
R・オリゴスポラス
Rhizopus oligosporus
クモノスカビの仲間で、テンペ菌とも呼ばれてます。インドネシア伝統の発酵食品テンペは、
ハイビスカスに生えたこの菌がかもしてます。旅をして思ったのは、アジアは僕らの天下だなって事です。
第4話
C・ボツリナム
【Clostridium botulinum】
ボツリヌス菌。空気のない環境になると毒素を出す。25gで人類を全滅させる凄いヤツ。
一方で、しわ取りなど美容の分野でも活躍。
O-157
【Escherichia coli O157:H7】
腸管出血性大腸菌。強力なベロ毒素を出し、最悪死者を出すこともある食中毒の原因菌。
「かもしてころすぞ」が決めゼリフ。
インフルエンザウィルス
【Influenza virus】
病原菌。大きくはABC型に分類される。人間に大流行するのはAソ連菌、A香港型、B型の3種。
なぜか40年周期で大流行する。
C・パーフリンゲンス
【Clostridium perfringens】
土壌細菌。
結構保菌している人もいる。が、食中毒をおこすのはこいつらの中でもごく一部。
S・エピデルミディズ
【Staphylococcus epidermidis】
表皮ブドウ菌。
代表的な表皮常在菌。たまに日和見。
MRSA
【Methicillin-Resistannt Staphylococcus aureus】
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。 病院内感染の菌の一種として有名ですが、水中、土中、なんなら人の鼻の中にもいて、健康ならば感染する事はとても少ないそう。
P・エレギノーサ
【Pseudomonas aeruginosa】
緑膿菌。
ヤケド後の感染が特徴。院内感染が問題になっている菌の一つ。ちなみに緑色の膿を出すから緑膿菌です。
VRE
【vancomycin-resistant Enterococcus】
バンコマイシン耐性腸球菌。 強力な抗生物質「バンコマイシン」が効かない菌。
家畜の腸内で増加して、食肉から検出されることも。
ミミズ
【Eisenia foetida】
漢方薬では「土龍」「赤龍」と呼ばれている。
E・コリ
【Escherichia coli】
大腸菌。ヒトや動物の腸管に常在する。
通常は無害ですが、中には病原菌も含まれ、体内に入ってといろいろ悪さをすることも。
バイオテクノロジーで大活躍、遺伝子組換え大腸菌でインターフェロンやインシュリンを生産。
第3話
※菌劇場第3話に出てきたソーエ、アワモリは、第1話の欄にニガーは第2話の欄にいます。
ライノウィルス
【Rhinovirus】
代表的な風邪の菌。37℃前後の微熱と鼻風邪が持ち味。親戚の数は楽に100を超えます。
L・サケイ
Lactobacillus sakei
植物性乳酸菌。酒造りを助ける為に乳酸菌を加える場合があります。
B・シネレア
【Botrytis cinerea】
ハイイロカビ病菌。成熟したブドウにつく特別な菌で貴腐ワインを作る。
C・ブチリカム
【Clostridium butyricum】
酪酸菌。でもA型ボツリヌス毒素は医療に使われてもいるんです。プロバイオティックにも使われる。
第2話
C・トリコイデス(CV:ムーディ勝山)
【Cladosporium trichoides】
風呂のタイルなどによく現れるが体内で悪さをしだすと何をしでかすか予想不可能な恐い謎の菌。
クーラーでスイッチオンを待ってます。
A・ニガー
【Aspergillus niger】
黒麹菌。焼酎の醸造で愛用されている。有機酸生成など工業生産でも大活躍しています。
クエン酸ブームの立役者。
M・ムセド
【Mucor mucedo】
ケカビの一種。
仲間は実力者揃いで、結構仕事ができるのが多いとか。
ゲオトリクム
【Geotrichum sp.】
ミルク腐敗カビ。
色白を気にしているが家でミルクを飲んでいるのが好き。

カンジダ
【Candida albicans】
病原真菌。
人体上に普通に生息、日ごろは特に何の影響も与えないが、体調の悪いときなどにカンジダ症を起こし日和見感染の原因となる。
C・シネンシス
【Cordyceps sinensis】
虫草菌。幼虫に寄生して漢方薬「冬虫夏草」のもとを作り出す。
中国ではコウモリガの幼虫にいる彼らだけが冬虫夏草と呼ばれる。
第1話
A・オリゼー
【Aspergillus oryzae】
黄麹菌。日本を代表する菌。デンプンの糖化に優れ、酒、味噌、醤油等の製造に利用される。
常に沢木惣右衛門直保の肩や頭にのっかって、はげましたりツッコミをいれたりします。
S・ラクチス
【Streptococcus lactis】
現在L・ラクチス【Lactococcus lactis】に改名した
乳酸菌。牛乳加工に使われ、ヨーグルトやチーズに入っている。乳酸発酵のスターター。 特攻隊気どり。
L・ブレビス
【Lactobacillus brevis】
乳酸菌。
漬け物やキムチなどの発酵に関わる植物性乳酸菌。ピクルス作りも赤ちゃんの世話もブレビスにおまかせ。
L・プランタルムまたはL・プランタラム
【Lactobacillus plantarum】
乳酸菌。野菜や穀類などを原料とした発酵食品にいる。
ザワークラウト、サイレージ、チョリソー、牛糞、ヒトの口や腸などから分離され、漬け物にしばしば見られる乳酸菌。キムチ1gに10億いるとかいないとか。
L・ヨグルティ
【Lactobacillus yogurt】
乳酸菌。頭のチョンマゲと「ござる」口調の印象通り、日本で作るヨーグルトによく使用されている。
「ナリよ」とは言わない。
B・サブチリス
【Bacillus subtilis】
枯草菌。我が強いんだけど、自分から他の菌に手を上げる事はほとんどない。
でんぷん食品と魚肉料理が好き。土壌菌の一種。枯草菌の名の通り枯れ草や稲藁にいる。
B・ビフィダム
【Bifidobacterium bifidum】
ビフィズス菌。ものすごい数の人にとっていいことをしてくれる。
ヨーグルトを食べると、彼らの作るビタミンB6と葉酸が皮膚の活動を活発にします。
E・フェカリス
【Enterococcus faecalis】
乳酸菌。健康な人の腸管に常駐する菌。
漬物等によくいるが、最近効用が注目されて、彼の周囲が騒がしい。
G・エツニカタム
【Glomus etunicatum】
VA菌根圏の一つ。
VAとは根に共生する形状を表すもので、多くの種類があり、地球上の8割の植物に共生している。
X・キャンペストリス
【Xanthomonas campestris】
土壌菌。ゴルフ場の芝整理の為の除草剤にも使われている。農大敷地内の実習林に登場。
P・ペントサセウス
【Pediococcus pentosaceus】
乳酸菌。キムチ1gに8億はいるっす。野菜のつけものにも大活躍。耐塩性が強く、独特の風味を出す。
植物性乳酸菌。塩辛納豆、漬物、発酵ソーセージに出現。
E・カロトボーラ
【Erwinia carotovora】
軟腐菌。菜食主義者で果物も好き。植物についた傷から侵入し、植物の根や芯を腐らせる軟腐病を起こす。
土壌菌。
L・カゼイ
【Lactobacillus casei】
乳酸菌。体内のキラーT細胞を活性化させる力がある。
某乳酸菌飲料のCMでおなじみの「Lカゼイ株」はこの菌の仲間。
L・アシドフィルス
【Lactobacillus acidophilus】
乳酸菌。腸内にも常駐する善玉菌の代表格。悪玉菌を減らして、あなたの健康に役立ってます。
B・ロングムまたはB・ロンガム
【Bifidobacterium longum】
乳酸菌。整腸作用があると言われ、健康なヒトの腸管に常駐する菌。
牛乳をかもして、乳酸飲料にしてくれたり。
B・ナットウ
【Bacillus natto】
納豆菌。ご存知、大豆を納豆にしてくれる菌。氷点下だろうが、沸騰した湯の中だろうがどこでも元気です。
B・チューリンゲンシス
【Bacillus thuringiensis】
Bt菌。殺虫能力を持ち、農薬にも参加してますが、その毒素は胃液が酸性の生物には効かないので人間はご安心を。
E・クロアカ
【Enterobacter cloacae】
土壌菌。水中や土、腸内にもいます。
健康な人には悪さをしないんですが、病院内の院内感染で問題になっちゃうことも。
T・ハルチアナム
【Trichoderma harzianum】
糸状菌。我々はふつー生きたものをかもしませんがシイタケを食べることがあります。
落ち葉とかはまかせてください。あ、土壌病害の防除にもお役に立ちますヨ。
S・ルテア
【Sarcina lutea】
黄色ブドウ球菌に似ている。人の湿った部分に取りつきたい。
無理なら人じゃなくて生魚とか水産食品でも可。
A・ソーエ
【Aspergillus sojae】
醤油麹菌。うまみを語れる大人なヤツ。
高濃度の塩分の中でもかもし可能で、しょうゆや味噌の醸造に大活躍。
P・ハロフィルス
Pediococcus halophilus
醤油乳酸菌。しょっぱい環境に強く、味噌や醤油の熟成過程で味をととのえてくれる。
植物性乳酸菌。ソムリエ気どり。
L・ブルガリクス
Lactobacillus bulgaricus
乳酸菌。乳から酸を作る。 欧州で作られるヨーグルトによく使用されていることで有名。夏も好きな方。
A・アセチ
【Acetobacter aceti】
酢酸菌。アルコール飲料に作用して酢を作る。ロマネ・コンティだろうが、アセチにかかれば、ただのお酢。
結晶になると気が落ち着く。
B・ハロデュランス
【Bacillus halodurans】
好アルカリ細菌。酵素を出していろいろ分解できる。
アンモニアが大好きなので、近所の公衆便所によくいる。とりあえず何でも溶かしたい。
S・セレビシエ
【Saccharomyces cerevisiae】
酵母の一種 (出芽酵母)。糖をアルコールに変える。ナチュラル・ボーン酒造り。
最近は化粧品にも使われてるようで。顔のオデキは家族のできた跡。
日本酒、ビール、ウイスキー、ワインなどアルコールを作るときに使う酵母。
A・アルテルナータ
【Alternaria alternata】
ススカビ。プラスチックが好物。どこにでも顔を出していろいろ迷惑かけてくるが基本的に悪気はない。
コンタクトを洗わないと彼らの家になります。
R・ジャバニクス
Rhizopus javanicus
クモノスカビ。中国では仲間が酒造りに参加している。増殖速度が非常に速い。
学名の「リゾープス」はギリシャ語の「根と足」が語源。植物の根のような菌糸をもつから。
P・クリソゲヌム
【Penicillium chrysogenum】
青カビ。ペニシリンを作ることで有名。梅雨時によく現れ嫌われてしまうが、ブルーチーズ作りに役立つ仲間はP・ロックフォールティと呼ばれている。 仲間は200種も。
A・アワモリ(CV:吉田尚記)
【Aspergillus awamori】
黒麹菌。でんぷん糖化力と併せてクエン酸発酵力が強く、有害菌を防ぐ力も持つため温暖な地方での酒造に大活躍。
L・クレモリス
Lactococcus lactis subsp. cremoris
乳酸菌。本当は球形です。カスピ海ヨーグルトやチーズのスターターで有名。
他のラクトバチルス属乳酸菌に比べ、酸味が低いのが特徴。
T・ルブラム
【Trichophyton rubrum】
白癬菌。水虫の原因菌。老若男女構わず人体に王国を作るのが悲願。
治療に必要なのは乾燥と清潔と医師の正しい処方っス…
L・フルクチボランス
【Lactobacillus fructivorans】
火落菌。日本酒を腐敗させる造り酒屋の大敵。この菌で醸造に失敗することを「腐造」と呼ぶ。
でもワイン造りにはしれっと参加するらしい。